Vision 今後の展開

複合的な技術が求められる今こそ、
エンジニアとしての価値を発揮できる

AIやIOTなど新たなテクノロジーの進化により、エンジニアに求められる技術はより複合的になっていくでしょう。ソフトウェア領域のニーズが高まるからこそ、それを使うハード面の設計技術も増えていくことが予想されます。人が担う領域は今以上に広がっていき、身につける技術の幅も増えていくはずです。

電機・電子、飛行機、自動車など、産業ごとに分断されていた従来のエンジニアの働き方は、産業の垣根を越えた流動的なものになっていきます。その変化の中において、さまざまな業界、企業での働き方を選択し、実務経験を積む派遣のあり方は、より社会にマッチしていくのではないでしょうか。

当社には、先輩エンジニアたちのキャリア事例が数多くあります。今後は、どの分野でどんな活躍をしている先輩がいるのか、さらなるデータ整理・分析を進め、キャリア選択のヒントとなる「適性診断」ツールも開発するなど、“働く”選択肢をさらに深め、広げていきます。

ENTRY エントリー