CEO Message 代表メッセージ

「エンジニア・ファースト」で、
個人と企業のハッピーを作り出す
代表取締役社長
西田 穣NISHIDA YUTAKA

個人のニーズに沿った職場選びが、
成果につながる

派遣業界は長く、お客様(派遣先企業)の人材ニーズに合わせて、人材を「配属」するビジネスモデルを続けてきました。ときに働く側の希望は置き去りになり、結果として職場や業務とのミスマッチを生んでしまうことも少なくありませんでした。

もっと、働く一人ひとりの「やりたい仕事」や「身につけたいスキル」「理想の働き方」にフォーカスを当てたい。希望に沿った環境とのマッチングをはかることで、意欲のある個人が、派遣先に長く貢献するサイクルを生み出したい。そんな思いから、トラスト・テックは「エンジニア・ファースト」へと舵を切り、本人の希望に沿った仕事や職場とのマッチングを進めています。

働く環境に対してエンジニアの満足度が上がれば、仕事への意欲は高まります。それが成果につながることで、お客様からは、「トラスト・テックのエンジニアは貢献度が高い」「今後も継続的にお願いしたい」という声を多くいただくようになりました。

トラスト・テックを通じて、
やりたい仕事を見つけてほしい

お客様から、「トラスト・テックのエンジニアを直接採用したい」という相談をいただくこともあります。エンジニア本人にとってその会社で働くことがハッピーなのであれば、背中を押したい。派遣会社にとって、人材の損失だと思うかもしれませんが、クライアントとの関係性を考えればマイナス面は実はあまりありません。新たな人材を派遣する際は面倒見よく指導してくださいますし、トラスト・テックから転籍したエンジニアも「後輩がきた」と愛情をもって教育してくれる。いいサイクルが回っていくからです。

トラスト・テックは、エンジニアたちがやりたい仕事に就くためのプラットフォームでありたいと考えています。実業務についたことで「もっとこのスキルを極めたい」「この技術を勉強したい」と思う仕事に出会えたら、それはとてもしあわせなこと。スキルアップをサポートするために、Eラーニングや研修機会のほか、具体的なキャリアプランを提案する「タレント・マネジメント」システムも新設。やりたい仕事や深めたい技術に対して、現状ではどんなスキルや経験が足りていないのかをアドバイスし、一人ひとりの仕事探しに向き合っていきます。こうして育成したエンジニアをお客様に紹介できるようになれば、私たちの存在意義はより高まるでしょう。

ハードウェア、ソフトウェア両領域でニーズが広がっている今、エンジニアの働く選択肢を増やし、個人と企業、双方のハッピーを生み出すこと。それが、新たなエンジニア派遣のあり方だと考えます。

ENTRY エントリー