半導体・電子部品

CADオペレーター×正社員
長く働ける環境を求めて転職を決意

2017年入社
椿 千笑CHIE TSUBAKI
(ハンドルネーム)
配属先
QMS株式会社

検査治具メーカーでCADオペレーター業務を担当している椿さん。もともと文系出身で前職は一般事務。そこからエンジニアの道に進んだのはなぜだったのでしょうか。

たまたま始めたCADオペレーター業務が自分に合っていた

CADオペレーターの経験を生かし正社員で働ける環境に行こうと、2017年4月にトラスト・テックに転職しました。

もともと文系出身で、前職は機械工作メーカーの一般事務。派遣社員として経理や総務など会社の雑務を担当しており、エンジニアの道に進むとは思ってもいませんでした。キャリアチェンジのきっかけは、社内のCADオペレーターが急きょ辞めてしまったこと。新しい人を採用するまでのピンチヒッターとしてCADを操作することになったんです。

「まずは線が引けるようになれば大丈夫だから」などと周りに励まされつつ、設計者の指示に従って入力作業を覚えていくうちに、CADオペレーター業務って面白いな…と思うように。この数値を入れるとどういう図形になるだろうと想像するのも面白く、正しく入力すれば3D図形がきちんと想定通りに動くのも気持ちよかった。

ミスのないよう一つひとつ確認しながら進めていく仕事が性に合っていたんだと思います。せっかくCADオペレーターとして仕事ができるようになったのだから、正社員として長く働ける環境でスキルアップしていきたい。そう考え、勤務先の選択肢が幅広いトラスト・テックへの入社を決めました。

携わったものを手にした瞬間に達成感がある

入社後、機械の生産設備設計の会社でCADオペレーターを担当したのち、現在は検査治具や医療部品のメーカーに勤務。設計担当エンジニア3人と同じチームで、ICソケットのCADオペレーター業務を行っています。

私の役割は、エンジニア3人の設計補助として、実現したいものを正確に読み取り、CADで形にしていくこと。既存のICソケットをベースに、変更が加わる部分はどこか、寸法はどうなるかといった細かな指示が入るのですが、口頭指示だったり図面にメモ書きがされていたりと、なかなかアナログなんです(笑)。ベテランエンジニアたちの頭にあることをミスなく書き起こし、それが正しいかどうかを確認しながら進めていきます。

ICソケットは小さいので0.1ミリ単位で図面を整理する、とても細かな仕事。でもだからこそ、自分が携わった実際のものを手に持てるのがうれしいですね。毎回「こんな風にできあがるんだ」という達成感があります。

スクールに通ってスキルを習得。教育サポート体制が充実している

トラスト・テックに入社して感じたのは、社員一人ひとりへの充実したサポート体制です。今の職場では、ソリッドワークス(3次元CAD設計ソフトウェア)を使っていますが、配属当初は使ったことがありませんでした。このソフトウェアを使えなければ仕事にならず、でも業務を進めながら学ぶのにも限界があります。

営業担当の方に相談したところ、トラスト・テックの教育研修の一環として、ソリッドワークス習得のためのスクールに参加させてもらえることになったんです。約2カ月間、毎週土曜日にトラスト・テックと提携している外部スクールに通って、無事使い方を習得。通信教育やEラーニングのほかに、スクール参加型の研修まであるなんて、本当に恵まれているなと実感しました。

また、トラスト・テックは大企業から中小まで幅広い業種の会社と取引があり、職場選びの選択肢が広いことも大きな魅力だと思います。私は、前の配属先から「通勤時間を短くしたい」という理由で今の配属先に異動しています。一人ひとりの理想の働き方を尊重し、できるだけそれに沿った道を探そうと動いてくれる。選択肢が多いからできることだと思っています。

就職活動に取り組んでいる後輩の皆さんへ

トラスト・テックには、キャッチアップするための学びの機会が多く提供されています。私のように文系出身でも、コツコツと勉強しながらスキルを習得できるので、あまり不安を感じなくても大丈夫だと思います。

仕事を進める上で大切なのは、知らないことを知らないといえる素直さだなと思っています。知ったかぶりでは仕事が進まないので、「分かりません。教えてください」と確認しながら進む素直さと謙虚さがあれば、どんな環境でもうまくいくと思いますよ。

取材日2019.2.2

ENTRY エントリー