自動車・輸送用機器

自分の興味と自分の経験、
両方を取れる環境が
トラスト・テックにあった

2018年入社
坂本 光輝KOUKI SAKAMOTO
配属先
愛三工業株式会社

坂本さんはインターンシップの経験を通じて、ものづくりの魅力を知り、大学での専攻とは全く違う自動車業界をめざしました。現在は派遣先の自動車部品メーカーで、テストエンジニアとして働いています。坂本さんの現在のお仕事、なぜ技術者派遣という働き方を選んだのかを伺いました。

自動車の性能を決定づける、エンジン制御システムの適合化

現在の仕事は、エンジン制御システムの適合化です。主に輸出用の車種を担当しています。自動車を海外で販売する際、車の性能を輸出国の安全基準に適合させなければなりません。そのために、エンジン制御システムの修正が必要になります。

大まかに言うと、実際に車両を走行させてデータを収集・解析し、その結果をもとにシステムを修正します。修正した制御システムを搭載した車両を検証し、修正報告書として自動車メーカーに提出するまでが、テストエンジニアの仕事の一区切りです。実際の仕事は、テスト走行からデータ解析、システムの修正など幅広い内容です。

テストコースで車両を走行させるには資格が必要で、入社1年目では担当できません。ゆくゆくは資格をとってすべての工程に関わり、自信をもって、修正報告書を提出できるエンジニアになりたいと思っています。自分が担当した車種が海外で走っていることを想像すると、ちょっといい気分になれますね。

技術者派遣の魅力は、幅広い選択肢と派遣先への転籍のチャンス

大学での専攻は、化学系で自動車とはまったくの畑違いだったんです。自動車部品メーカーのインターンシップに参加したことがきっかけとなり、実際に汗を流すものづくりに魅力を感じるようになりました。

地元が愛知で、車を運転することが好きだったこともあり、自然に自動車業界をめざしました。自動車関連の専門知識はありませんでしたが、配属されてから、配属先の要望にあわせて月2回の研修でエンジンについて勉強しています。ただ、周りの方々の頭の回転が速く、ついていけるか心配な時もあります。そのため、分からない時は積極的に自分から動いて色々な人に聞くことで技術力を補い、仕事を進めています。

就職先として技術者派遣を考えるようになったのには、自動車と大学の専攻である化学、それぞれへの興味が捨てきれない中、仕事内容、条件などを幅広い選択肢から選べることと、派遣先に正社員として転籍できるチャンスがあるという2つの理由でした。自分を認めてもらえるという意味では、正社員として転籍することにも魅力は感じていますが、現在は、やりたい仕事を選べる選択肢の広さにより魅力を感じていますね。

実は、先にトラスト・テックの同業他社から内定が出ていました。たまたま足を運んだ合同説明会で、内定先と同業であるトラスト・テックにも興味を持ち、会社説明会にエントリーしました。結局、都合が悪くなって欠席してしまったのですが、そのときに人事の方がとても親切だったのが印象に残りました。その後も変わらず、丁寧に接してもらったので、「こういう人がいる会社だったら」と思い、最終的にトラスト・テックを選びました。

マネージャーや化学の仕事、将来はこれから決めていく

できるものなら、将来的には化学系の仕事も経験してみたいです。現在の仕事でスキルや経験を身につけ、化学系の仕事で活かせたらと考えています。実際、配属前の面談では「後から化学系に戻るのは大変かも」とは言われているんです。それでも、チャレンジできる可能性はあると思っています。大変なことも経験した方が自分にとってはいいと思いますし、チャレンジのしがいがあると思っています。

もうひとつ、研修の講師から「エンジニアとしての評価は自分ひとり分の成果だが、チームをとりまとめるマネージャーはチーム全体の成果で評価される。より稼げるのはそちらだ」という話を聞き、マネージャーになることも、将来的な目標に加わりました。

まだ活用したことはありませんが、トラスト・テックには通信教育やEラーニングなどの教育サポートがあります。チャレンジしたい目標ができたとき、充実した教育サポートがあるのは大きいと思います。

就職活動に取り組んでいる後輩の皆さんへ

「何かやりたい」と思うことがあれば自信をもって、やってみて欲しいと思います。大切なことはいろいろありますが、自分自身の経験から「行動力」が一番大事だと感じています。自分も行動した結果、インターンシップや説明会の経験から今の職場に出会えました。

漠然とした形でも興味があれば、自分から行動して感じてみる、ぜひ自分から動いて自分の道を見つけてくださいね。

取材日2019.1.10

ENTRY エントリー