自動車・輸送用機器

エンジニアの働く環境を改善したい
変えるチャンスがここにあると
思った

2015年入社
落合 章寛 AKIHIRO OCHIAI
配属先
トヨタ自動車株式会社

入社3年目にして、配属先企業でエンジニア140名の育成、労務管理を担当している落合さん。また、トラスト・テックの取り組みを外部に発信したWebコンテンツ「TOYOTAプロジェクト」を発案するなど、幅広い活躍が評価され、2018年の社内表彰制度でMVE(Most Value Engineer)賞を受賞しました。落合さんが目指す先にあるものとは何か、話を伺いました。

多くの仲間をつれてきたからこそ、彼らに恩返しがしたい

トラスト・テックには、5人のエンジニア仲間と一緒に入社しました。もともと、自動車の内装設計を個人事業主として請け負っていたのですが、一人でできることには限界があった。トラスト・テックだったら、大手自動車メーカーで設計に携われるフィールドがあります。これまでの経験や知識を生かしながら、業務の幅や手がけるもののスケールが大きくなるのなら、こんなにいい環境はない、と思ったんです。ちょうどフロントバンパーの外装設計の仕事があると知り、いまだ!というタイミングで入社しました。

入社当初、大手自動車メーカーに配属された外装設計メンバーは一緒に入った5人でした。しかし、一つひとつ実績を重ねることで企業様から信頼を得ることができ、次々と設計依頼が舞い込むように…。「この設計であれば、こんなスキルを持った人が必要だ」と、社内外からエンジニアを採用し、全員がプロフェッショナルな20名のグループができていったんです。自らスカウトして入ってくれたメンバーばかりなので、彼らのために「エンジニアが働きやすい環境を整備したい」「能力が最大に発揮される場所を作りたい」という気持ちが大きくなっていきました。

入社2年目からグループマネジャーとしてメンバー育成に携わり、3年目に入ると、トラスト・テックのエンジニア約140名のマネジメントも担当するように。責任重大ですが「リーダー職を目指します」と言ってくれるたのもしいメンバーもいてうれしくなりますね。

外部コンテンツのアイデアを発案。実現するために成果を出した

個人事業主としてやっていたときも、派遣社員として働く今も、「エンジニアがもっと輝く場所を作りたい」という思いを持ち続けています。そのための一つの取り組みとして発案したのが、Webコンテンツ「TOYOTA×トラスト・テック プロジェクトストーリー」でした。

僕が入社した当時は、トラスト・テックのエンジニアが普段どんな思いで、どんなプロジェクトを手がけているのかを知れるコンテンツがありませんでした。派遣先企業とどういう関係を築き、どんなやりとりを経てプロジェクトが立ち上がり、関わる一人ひとりのエンジニアがどんな努力を重ねたのか。それぞれの視点から、プロジェクトを語るコンテンツがあったら面白いし、エンジニアのモチベーションにもつながるんじゃないかと考えたんです。

でも最初は、周りのメンバーから即否定されました(笑)。「ほかにも関連会社がたくさんあるんだから、トラスト・テックが出すコンテンツに(お客様が)協力いただくのは無理でしょう」と。でも、ダメだと言われると「やってみなくちゃ分からないだろう」と尻に火が付くタイプなんです(笑)。協力いただけるような成果を出せばいいんじゃないかとがむしゃらになりました。

結果として、動画を作成するまでの立派なコンテンツが完成。僕としては、紙ベースのアウトプットをイメージしていたんですけど、あんなにかっこいいものができるなんて。トラスト・テックは、現場がやりたい!といったことを、本気で取り上げてくれて、形になるまでやりきる会社なんだなと感動しましたね。

「エンジニアに支持される会社No.1」を本気で目指したい

今のマネジメントの課題はコミュニケーションです。メンバーが140人もいれば、一人ひとりを認識するのも大変。より相互理解を深めるに、少人数制のグループディスカッションを行ったり、新年会など集まる場を設定したりと、いろんな取り組みを始めています。派遣社員は業務内容について情報共有する機会をなかなか持てません。人と人がつながる場を作ることで、エンジニア同士が交流して新しいアイデアが生まれるかもしれない。そんな期待もあります。

そしてゆくゆくは、今のマネジメントのポジションを信頼できる今のメンバーに託して、自分は次のステップに進みたい。エンジニアが自分の強みを生かして、職種をもっと自由に選択できるように、配属先の決め方のルール、内部システムの改善にまでかかわっていきたいと思っています。

エンジニアと一言でいっても、いろんな働き方があっていい。育成に向いている人もいれば、エンジニア自ら案件をとってきて、自らグループを作って開発したいタイプもいます。僕のように、エンジニアとしてのスキルアップではなく、エンジニアの環境改善のために動きたい、という人もいるでしょう。社内にもっともっといろんなキャリアパスが作れるように、自分にもできることがあるんじゃないか。会社が掲げる「エンジニアに支持される会社No.1」を目指すために、いち社員として本気で取り組んでいきたいんです。

就職活動に取り組んでいる後輩の皆さんへ

トラスト・テックは、「これがやりたい!」と手を挙げ声に出せば、それを拾ってくれる会社です。実際に、入社1年目で「社外に発信するコンテンツを作りたい」と言い出し、それを実現させてくれたんですから。

自分にもできたんだから、誰にでもできると思いますよ。

取材日2018.11.9

ENTRY エントリー