医療・製薬関係

自宅から通える職場で、
技術力を高めたい
トラスト・テックには幅広い働き方の
選択肢がある

2016年入社
森村 亜弥AYA MORIMURA
配属先
日本光電富岡株式会社

「技術の世界で長く活躍したい」と新たな業界、職種へのチャレンジを決めた森村さん。入社2年目にして、担当の設計業務を一任されるほど、派遣先企業との信頼関係を築いています。業界・職種未経験からどのようにスキルアップしてきたのか、話を伺いました。

トラスト・テックと派遣先企業の“信頼関係”が安心につながった

大学卒業以来、長く自動車部品の品質保証に携わっており、ものづくりを支える“縁の下の力持ち”という働き方に面白さを感じていました。技術の世界にずっといたい、長く働ける環境を探そうと求人情報を見ていたとき、「未経験の分野でも挑戦できる」というトラスト・テックの働き方に惹かれました。

自宅から通える職場であることが条件の一つだったので、さらに品質保証の仕事と絞ると選択肢はかなり狭まります。でも、職種の幅を広げられるならいろんな可能性が出てくるかもしれないと、トラスト・テックへの入社を決めました。

以来、2年間勤めているのが、心電計・脳波計、検査装置などを製造する医療用電子機器メーカーです。そこで、基盤づくりの治具(部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具)を設計しているほか、基盤を正確にカットするためのプログラミングも担当しています。

入社前は、医療業界も治具設計も初めてなのに私につとまるのだろうかと不安だらけ。でも、トラスト・テックの営業担当者と、配属先の担当者が密にコミュニケーションをとり、配属後にどういう受け入れ体制になるのかまでしっかり確認しているのが伝わってきました。

トラスト・テックにはエンジニア未経験者が多いと聞いていて安心感もあり、「まずはやってみよう!」と前向きな気持ちになっていきました。

周りのこまめなフォローがあったから、1年で一人前に

配属後の1年間は、新しい会社のシステムや社内用語に慣れるのに一苦労。覚えることの多さに必死でした。

治具を設計するには、基盤に使われている部品一つひとつの種類やサイズを正確に調べなければならず、そのサイズ測定が間違っていれば、基盤が治具にきっちりとはまってくれません。

仕事の流れは、部品を調べ終えたあとに、治具の設計図を作り、治具を専門につくるメーカーさんに依頼。上がってきた実物をチェックして、基盤を治具に合わせて正確にカットするプログラムを専門の機械に入力します。1日に一つペースで設計するので、いつまでに何をしておくべきか、というスケジュール管理が重要なんです。

当初は、配属先の社員の方たちに分からないことを片っ端から聞いていました。皆さんとても優しくフォローしてくださり、「これはやった?」「あれはどこまで進んでいる?」といつも気にかけてくださるんです。業務中でも、質問に嫌な顔一つせず対応してくださり、ますます「早く一人前にならなくちゃ!」と必死になりました。

1年経ち、「あの治具の設計は終わった?」と進捗を聞かれたとき、「もうメーカーさんに手配しました」と答えられたことがありました。少しは成長したかなとうれしくなりましたね。

裁量権が大きいからこそ、会社に貢献したいと意欲が高まる

今の職場は、「派遣のエンジニア」と「メーカーの社員の方」の間に垣根がほとんどなく、コミュニケーションがとても取りやすいんです。治具設計は私に一任されて、裁量権もあるので、業務上の提案もしやすい雰囲気があります。

実際に、それまで使っていた古い設備では、基盤カットのプログラミングに半日ほどかかっていたため、設備を一新できないかと提案。新しい設備を導入できたことで、プログラミングにかかる時間を大幅に減らすことができました。ほかにも、治具メーカーさんを複数社、比較し、新規のメーカーさんに依頼したことで、コストを約半分まで下げられたことも。信頼して任せていただける環境だからこそ、もっと貢献したい! という気持ちにさせてもらっています。

今後は、基盤設計を支えるデータ作成にかかわっていくなど、業務範囲がさらに広がりそうです。治具や基盤など、見えないところで正確に役割を果たすことで、ものがきちんと動く。裏側から支えているところに、やりがいを感じています。

就職活動に取り組んでいる後輩の皆さんへ

トラスト・テックは、何歳からでも未知の領域にチャレンジできる会社だなと思います。仕事内容やキャリアについて相談したいことがあれば、営業担当者にすぐ話せますし、派遣先の企業様も育成にしっかりパワーを割いてくださいます。

技術者として基礎からスキルをつけたいという思う方は、ぜひ飛び込んでみては。

取材日2018.11.9

ENTRY エントリー